電子レンジの基礎知識や購入するときの選び方や比較のポイントをガイド!

比較ガイド

電子レンジの選び方と購入ポイント - 比較ガイド

基礎知識

電子レンジやオーブンレンジは、いまやなくてはならない調理家電になりました。最近では、スチーム機能がついてラップなしでもおいしく料理を温められたり、油分をカットできる商品や、ターンテーブルがなく庫内が平らでお手入れが簡単な商品などが人気です。予算の他に、どんなタイプが必要なのかを考えて、役立つ一台を見つけましょう。

説明画像
枠下部

代表的なタイプと特徴

電子レンジ オーブンレンジ コンベック(ガスオーブン)
電子レンジ オーブンレンジ コンベック(ガスオーブン)
主に食品の温めや解凍に対応。省スペースで操作が簡単なタイプが多く、1万円前後で十分な機能がついた商品を購入できます。
レンジ、オーブン、グリル加熱などが可能で、いろいろな調理に対応。商品の種類が豊富で機能やサイズにより価格も大きく異なります。
ガスの火力を利用し、その熱風で、食品を加熱調理します。電子レンジの機能を搭載している「電子コンベック」もあります。
このページのトップへ

商品選びのポイント

選び方1:加熱のしくみと特徴を知ろう

レンジ(温め)加熱、オーブン加熱、グリル加熱など、レンジには大きく分けて3種類の加熱方法があり、料理のメニューによって適した方法も異なります。最近ではさまざまな機能とそれぞれの加熱方法を組み合わせて、さらにおいしく調理できるような工夫がされていますが、まずは基本となる3つの加熱方法のしくみと特徴を知って商品選びや調理に役立てましょう。

レンジ加熱 オーブン加熱 グリル加熱
加熱のしくみ 電気が電波となり、食品に含まれた水分子を振動させ摩擦熱を起こし、その熱によって食品を内部から温めます。 ヒーターや熱風で庫内全体を熱くし、食品を外側からまんべんなく加熱、食品からでる水蒸気で蒸し焼きにします。 食品をヒーターによる直接加熱と、熱くなった庫内の壁や空気の熱(放射熱)によって、短時間で一気に焼き上げます。
特徴 焦がさずに、食品全体を温められ、短い時間で加熱することができます。 食品の全体に熱がかかるため、柔らかく香ばしい仕上がりになります。 旨みを逃さず中身はジューシーに、外側はこんがりと焼き上げます。
使





耐熱性ガラス容器
耐熱性プラスチック容器 × ×
陶器・磁器
漆器 × × ×
木・竹・紙製品 × × ×
金属容器・金網・金串 ×
ラップ × ×
アルミホイル ×

注目のスチーム機能で、さらにおいしく、ヘルシーに!水蒸気を発生させるスチーム機能には、タンクに水を入れて使うタイプと、トレイや角皿に水を張るタイプがあります。従来の加熱方法にスチームの効果を加えることで、料理をさらにおいしくヘルシーに仕上げたり、本格的な蒸し料理も手軽に作れる便利さが魅力です。

スチーム機能付き商品一覧

ラップなしで温め可能 ケーキをふっくら焼き上げる 余分な塩分を落とす
スチームが食品の水分を補いながら加熱するため、ラップなしでもパサつかずしっとりした仕上がりになります。 スチームが食品を包み込みながら加熱し、中身がしっとりしてふくらみのよいケーキやパンを作ることができます。 高温スチーム(約300℃)タイプなら、食品の余分な脂や塩分を落としてヘルシーに、おいしく仕上げます。

選び方2:基本仕様(スペック)をチェック

温め時間はレンジ出力で変わる
料理を温める際にかかる時間は、レンジ出力によって変わります。レンジの出力数は「ワット(W)」で表され、この数字が高ければ高いほど加熱時間が短くなります。温め機能のみの電子レンジでは、最大出力数が、500W前後の商品が主流ですが、オーブンレンジでは、1000W程度の商品が数多く発売されています。また、食品と温め方によりレンジ出力数が変わり、解凍の際は100W程度の出力でゆっくりと時間をかけて加熱します。

レンジ出力別 商品一覧500W以上700W以上1000W以上


庫内容量と庫内サイズで大きさをチェック

家族の人数によって一度に作る料理の量や種類が変わってくるので、家族の人数にあわせてサイズを選びましょう。選ぶ際は、庫内サイズのほか、「リットル(L)」で表示されている庫内容量を確認しましょう。家族の人数分の料理や普段使っている大皿が入るかどうか、天板を使ったオーブン料理を作る場合に高さは十分かどうかなど、実際の使用時を想定して選ぶのがポイントです。また同じ庫内容量であれば、ターンテーブルがなく庫内が平らなタイプ(フラット庫内タイプ)が使いやすいでしょう。

庫内容量別 商品一覧20L以下20L〜25L26L〜29L30L以上

選び方3:目的・こだわりから選ぶ

どんなときに使うことが多いか、なにを作りたいかでも選ぶ商品のタイプは変わります。
「多機能なオーブンレンジを購入したけれど使う機会がない」、「作りたい料理が思い通りに仕上がらない」というようなことにならないよう、用途や目的に合わせて家庭にぴったりの一台を選びましょう。

本格的な料理やお菓子作りに ヘルシーでおいしい料理が可能
◇重視する機能◇
メーカーイチオシの高機能オーブンレンジ
ガスで火力が強い電子コンベック
料理の味がアップする スチーム機能

◆オススメ 商品◆
◇重視する機能◇
余分な脂や塩分を落とす
 スチーム機能/溝ありプレート/焼き網
ワンタッチの ヘルシーオートメニュー

◆オススメ 商品◆
価格も機能もお手頃に 面倒なお手入れを簡単に
◇重視する機能◇
温め加熱のみの電子レンジ単体タイプ
省スペースな容量20L以下タイプ
リーズナブルな価格帯の 横開きドアタイプ

◆オススメ 商品◆
◇重視する機能◇
ターンテーブルなしのフラット庫内タイプ
ふき掃除が簡単な庫内コーティング加工
嫌な臭いが付かない脱臭機能

◆オススメ 商品◆
このページのトップへ

購入前に最終チェック!

朝食はパン派という方にオススメのトースト機能トースト機能がついているオーブンレンジなら、オーブントースターがなくても、パンを焼くことができて便利です。ただしターンテーブルがなく庫内が平らなフラット庫内タイプの場合は、トースト機能がついていない商品も多いので注意しましょう。
 
十分なスペースをとって設置しましょう設置箇所の採寸は重要項目です。断熱設計の商品以外は、放熱や排気、高温のスチームが出るため、壁や棚との間に十分なスペースを取る必要があります。商品により異なりますが、本体両脇に各10cm程度、本体上面に20cm程度が目安。また、電磁波がテレビやラジオに影響を与える場合があるので、それらの電化製品から4m以上離れた場所に設置しましょう。
 
消費電力を確認しましょうご自宅の瞬間最大消費電力を計算しておきましょう。把握していないとブレーカーが
頻繁に落ちるようになってしまいます。

人気商品ランキング

全国の有力家電量販店で一番人気のある機種をチェック!

電子レンジ・オーブン