ヒーター・ストーブの基礎知識や購入するときの選び方や比較のポイントをガイド!
ショッピング比較ガイドヒーター・ストーブ

比較ガイド

ヒーター・ストーブの選び方と購入ポイント - 比較ガイド

基礎知識

ヒーターやストーブには、部屋全体を暖めるタイプと、部分的に暖めるタイプがあります。ヒーターやストーブの用途とそれぞれの特徴をよく知ったうえで機具を選ぶことがポイントです。
また、効率よく使用することで、光熱費を上手に節約しましょう。

説明画像
枠下部

スポンサーリンク

※こちらのリンクからはポイントが付きません

用途別にヒーター・ストーブを比較

◆部屋全体を暖めるタイプ
種類 石油
ファンヒーター
ガスファンヒーター オイルヒーター 石油ストーブ
特徴 石油ファンヒーター

灯油を燃焼させて部屋を暖めます。強力な暖房能力があり、広い部屋に向いています。

ガスファンヒーター

ガスを燃焼させ、素早く室内を暖めます。燃料タンクがないので、軽くてコンパクト。

オイルヒーター

電気で温めた難燃性オイルでゆっくり室内を暖めます。安全で清潔。

石油ストーブ

灯油を燃焼させ、部屋全体をくまなく暖めます。

速暖性 すぐに暖まる すぐに暖まる 時間がかかる やや時間がかかる
換気 必要 必要 不要 必要
給油 あり なし なし あり
ランニングコスト (約6円/時間) (約8円/時間) (約29円/時間) (約11円/時間)
燃料 灯油と電気 ガスと電気 電気のみ 灯油のみ
代表的な商品
◆部分的に暖めるタイプ
種類 セラミックヒーター ハロゲンヒーター 電気ストーブ
特徴 セラミックヒーター

速暖性、安全性が高く、室内を暖めながら部屋の加湿、除菌も行います。

ハロゲンヒーター

速暖性が高く、赤外線電球の反射鏡による放射熱で周囲を暖めます。

電気ストーブ

速暖性が高く、遠赤外線で周囲を暖めます。縦長でコンパクトなものは、台所や脱衣所、トイレで使うのに適しています。

速暖性 すぐに暖まる すぐに暖まる すぐに暖まる
換気 不要 不要 不要
給油 なし なし なし
ランニングコスト (約27円/時間) (約19円/時間) (約19円/時間)
燃料 灯油/ガスと電気 電気のみ 電気のみ
代表的な商品
このページのトップへ

機能から選ぶヒーター・ストーブ

選び方1:発熱体と機能を知ろう

発熱体の種類

遠赤外線 セラミック カーボン
熱効果が大きく、体に浸透しやすい赤外線のこと。空気に吸収されにくいため、体の内面から効率よく暖まります。 セラミックは熱効率がよく、電源を入力してから温風が出てくるまで早いのが特徴です。 カーボンヒーターは、遠赤外線効果がハロゲンランプよりも高いのが特徴です。

やっぱりコレははずせない、安全機能

チャイルドロック 転倒スイッチオフ 人感センサー
ロックをかけた状態で操作スイッチにふれても作動しません。こどものいたずら防止に。 一定の燃焼時間を超えたときや、倒れたとき、地震のときなど、自動的に消火もしくは運転停止になる機能。
※機種により付加機能は異なります。
センサーで人の有無を感知し、人がいない場合にパワーを下げることができる機能。電気の周波数を変え、パワーを自動調節する装置のこと。無駄な電気を使うことがなく、効率的な運転ができます。

選び方2:除菌イオンで快適な環境を

部屋の中には、目に見えない雑菌がたくさん浮遊しています。こうした雑菌に効果的なのが、「除菌イオン」機能です。浮遊している雑菌を空中でキャッチし、雑菌の活動を抑制。また、雑菌が活動しやすい環境になると、除菌イオン量を増やして放出し、室内の雑菌の増殖を防止します。

「プラスとマイナスのイオン」が空気中の浮遊カビ菌をつかまえて活動を抑制させます。

包みこむ 反応する 活動を抑制
空気中に浮遊しているカビ菌をプラスとマイナスのイオンが包み込みます。 カビ菌を包んだイオンが反応して水酸基ラジカルOHという反応性の高い物質に変化します。 浮遊カビ菌から水素原子を抜き取り、イオンは水に戻ります。

選び方3:ひと工夫で上手に省エネ

【掃除・保管編】
フィルター掃除はこまめに フィルターが詰まると暖房効果が落ちるので、2週間に1度くらいのタイミングで掃除をしましょう。掃除機でホコリを吸い取る程度でOKです。 定期的に掃除をすることで、燃費もよくなります。

灯油の持ち越しはやめましょう 灯油は変質しやすく、古い灯油をそのまま使うと故障の原因に。残さずに使い切ってしまいましょう。やむを得ず持ち越す場合は、冷暗所に保管するようにしましょう。
【設定編】
室温が低いところに設置する 窓やベランダ前など、冷気が入ってくる場所にヒーターやストーブを置くと効率よく部屋を暖めることができます。

設定温度を1℃さげる 部屋の暖めすぎは、電気やガスの無駄遣いに。温度を低めに設定することで省エネを心がけましょう。

暖まったら切り替えを ヒーター・ストーブは「強」から「弱」に切り替えるだけで消費電力を約20%カットできます。
このページのトップへ

購入前に最終チェック!

家族構成によって安全性も考える小さなこどもや、お年寄りのいる家庭では本体をさわっても安全な機種や、チャイルドロック、自動消火機能などがついたタイプを選びましょう。
 
補給の手軽さと掃除の簡単さを考える灯油を使うタイプの場合、補給の手軽さ、灯油やガスのニオイ、安全性を確認しましょう。
 
部屋の広さに合わせたタイプを選ぶ使用する部屋の広さとストーブやヒーターのタイプが合っていないと、充分に暖めることができません。対応している部屋の広さを、しっかりと確認しましょう。
 

スポンサーリンク

※こちらのリンクからはポイントが付きません

人気商品ランキング

ヒーター・ストーブ

  1. 1

    コロナ FF温風ヒーター スパークリングホワイト FF-GX3810S の写真

  2. 2

    日立
    HBK-1200SE

    77,800

    日立 浴室乾燥暖房機 ゆとらいふ HBK-1200SE の写真

  3. 3

    コロナ
    GH-B198F

    51,980

    コロナ ニューブルーバーナー GH-B198F の写真

  4. 3

    コロナ
    GH-B128F

    45,019

    コロナ ニューブルーバーナー GH-B128F の写真

  5. 3

    コロナ
    SL-66

    14,362

    コロナ 石油ストーブ SL-66 の写真

スポンサーリンク

※こちらのリンクからはポイントが付きません